Synthesizer V Studio 1.7.1b1 アップデート: 歌声データベースのバージョン選択機能追加と不具合修正

Synthesizer V Studio 1.7.1b に新たに追加された「歌声データベースのバージョン選択機能」を紹介します。本機能では、同じ歌声データベースで過去にインストールされた複数のバージョンを扱うことができるようになります。また、今回の機能追加に伴い、多くの不具合修正とソフトウェア全体の安定性を向上しました。

 

 

歌声データベースのバージョン選択機能

 

Synthesizer V Studioでは、同じ歌声データベースで複数のバージョンを保持できるようになりました。ユーザーは、「ライセンスとアップデート」パネルの下部で、インストール済みのバージョンを管理することができます。歌声データベースのバージョンは、歌声パネルのバージョン選択機能により、トラック/グループごとに使い分けることができます。また、バージョン選択機能により、以下の動作変更があります。

 

Synthesizer V Studio 1.7.1以降で作成されたプロジェクトには、歌声データベースのバージョンが記録されるようになります。

Synthesizer V Studio 1.7.1以前に作成されたプロジェクトでは、インストールされている最新バージョンの歌声データベースをデフォルトで使用します。

新しいバージョンの歌声データベースをアップデートまたはインストールした場合、古いバージョンは上書きされずに、Synthesizer V Studio 内に保持されます。

「ライセンスとアップデート」パネルで、「ディアクティベート」と「ディアクティベートしてアンインストール」は、歌声データベースの全バージョンに適用されます。ただし、最新バージョン以外は、「インストール済みバージョン」のリストから、他のバージョンに影響を与えることなくアンインストールできます。

 

計測データの収集について

Dreamtonicsは、Synthesizer V Studioのさらなる品質向上に取り組んでいます。

品質向上に役立てるために、本バージョンからソフトウェアの使用状況に関するデータ(計測データ)の収集機能を追加しております。

Synthesizer V Studioが収集するデータは、主に機能の利用状況、クラッシュ、動作環境に関する統計情報です。

これらの情報は匿名で収集され、ユーザーを特定できるデータやSynthesizer V Studio のプロジェクトに関するデータは一切含まれておりません。

また、ユーザーはいつでも計測データの収集機能を有効または無効に変更することができます。

 

 

ベータ版リリースについて

1.7.1b1 は、Synthesizer V Studioのアップデート候補バージョン(先行開発バージョン)です。本バージョンでは、Synthesizer V Studioに実装予定の新機能や調整をいち早くご試用いただくことができます。本バージョンのご利用を開始する前に、以下の点についてご理解ください。

 

本バージョンは開発途中であることをご理解の上ご利用ください。

本バージョンは環境などにより正しく機能しない可能性があります。

本プログラムのご利用に際し、予期せぬ不具合が発生する可能性がありますので予めご了承ください。

 

ベータ版のインストール方法

ベータ版はSynthesizer V Studio内の「ライセンスとアップデート」から自動で更新することはできません。以下のリンクよりベータ版をダウンロードし、インストールしてください。

 

ベータ版のインストールの際は、既存のSynthesizer V Studioを上書きしますのでご注意ください。

Synthesizer V Studio のバージョンを戻す場合は、元のバージョンのインストーラを用いて、再度インストールをお願いいたします。正式リリース後に「ライセンスとアップデート」パネルからインストールすることができるようになります。

 

Synthesizer V Studio Pro

Windows: https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-pro-setup.exe 

 

Linux: https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-pro-linux64.zip 

 

macOS: https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-pro-setup.pkg 

 

Synthesizer V Studio Basic

Windows: https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-basic-setup.exe 

 

Linux:  https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-basic-linux64.zip

 

macOS: https://download.dreamtonics.com/svstudio/1.7.1b1-IT5HRXw6xZjBc7ymcsW9/svstudio-basic-setup.pkg 

 

 

詳しいリリースノートは以下をご覧ください


Synthesizer V Studio 1.7.1b1 (2022年9月1日)

 

新機能

歌声データベース:複数バージョンの歌声データベースの保持に対応、歌声パネルにバージョン選択機能を追加

 

機能強化

その他:歌声データベースのインストーラーを、既に起動しているSynthesizer V Studioで開くようにしました。

 

動作変更

歌声パネル: トラック/グループの言語が設定されておらず、言語の検出に失敗した場合は、データベースのデフォルト言語を使用するように変更。

その他: ソフトウェア改良のための計測データを収集する機能を追加。初期起動時および設定パネルで、機能の有効・無効をきりかえることができます。

 

バグ修正

AIリテイク:リテイクを繰り返し行う際にクラッシュする不具合を修正。

AIリテイク:ノートグループのリテイク時に、ノートの表示位置が変わる不具合を修正。

エンジン: Apple シリコン搭載のMacにおいて、第三世代より前のAI歌声データベースを読み込む際にクラッシュする不具合を修正

ライブレンダリング:再生中にフリーズする不具合を修正。

ライブレンダリング:x86/x64プラットフォームにて新しく読み込んだ歌声データベースでレンダリングをするとランダムにクラッシュする不具合を修正。

ファイル:macOSでのダブルクリックによるファイルの関連付けが動作しない不具合を修正。

その他: 自動回復のダイアログによって歌声データベースインストーラーウィンドウが背面に隠れてしまう不具合を修正。

その他: macOS上でCommand + Qで終了したときに設定が保存されない不具合を修正。

その他: サウンドデバイスが見つからない場合、起動時にクラッシュする不具合を修正。

歌声パネル: 起動時に、プロジェクトが読み込まれた際に、誤った歌声データベースの情報が表示される不具合を修正。

ピアノロール: 音素編集時のキーボードフォーカスの順番を修正。