Synthesizer V Studio 1.3.0 アップデート

Synthesizer V AIは、新機能を搭載し第三世代へ。

6月18日(金)より公開のSynthesizer V Studio 1.3.0では、AI音源の自然さを大幅に向上させるとともに、ユーザーの皆様からご要望の多かった機能を搭載しています。

 

 

 

詳しいリリースノートは以下をご覧ください。


Synthesizer V Studio 1.3.0(2021 年 6 月 18 日)

新機能

Synthesizer V エンジン: 第三世代AI歌声データベースを対応。(データベースのアップデートが必要)

歌声パネル:グループ/トラック全体のピッチシフトを調整できる「チューニング」プロパティを追加。(プロ版のみ)

ユーザインタフェース:ヒントの表示できるステータスバーをアプリケーションの下部に追加。

 

機能強化

編集:再生ポジションに貼り付けできるオプションを追加。

編集:ドラッグ関連のホットキーを追加:

「 Ctrl/Command 」キーと「 Alt 」キーを押しながらドラッグすると、クオンタイズを適用せずに移動できる。

「 Ctrl/Command 」キーと「 Shift 」キーを押しながらドラッグすると、制御点をよりゆっくり移動できる。

ピアノロール:ドラッグ中の制御点の表示を改善。

ピアノロール:ズームレベルに基づいてグリッドを自動的に調整できる「自動グリッドサイズ」モードを追加。

ピアノロール:ピアノロールのツールバーにクオンタイズセレクターを追加。

ライセンスとアップデートパンネル:製品リストのレイアウトを改善。

 

バグ修正

編集:ノートまたはグループを最初の拍子の前に貼り付けるとクラッシュするバグを修正。

編集:グループ全体を最初の拍子の前に移動するとクラッシュするバグを修正。