Synthesizer V StudioのmacOS版アップデート

Synthesizer V Studioは、v1.5.1以降からApple Siliconにネイティブ対応したユニバーサルバイナリー形式となります。

※VST3/Audio Unitプラグインとしての利用についても同様です。

 

Apple M1 などのプロセッサ上でご利用の場合、Rosetta 2 互換レイヤーを介して実行される以前のバージョンと比べ、300%程レンダリング速度の高速化を実現しています。

 

本アップデートはmacOSのみの更新です。

 

詳しいリリースノートは以下をご覧ください。

 


Synthesizer V Studio 1.5.1 (2022年2月22日)

 

修正

ファイル:.svpファイルがmacOS上で関連付けが機能していない問題を修正。

プラグイン:macOSのDAWにてプラグイン上でいくつかのキーを押した際、プラグインではなくDAW側が操作されてしまう問題を修正。